航空写真
1950年代 恩田川と鶴見川の合流地点 奥には田園風景が広がる

十日市場の歴史
藁葺き屋根の寳袋寺(昭和2年ごろ)

鐘楼
寳袋寺の釣鐘(現在)

恩田川
恩田川(昭和52年)

霧が丘の弁天様の逸話

霧が丘4丁目に祀られている大弁財功徳天社付近には、霧が池という池がありました。
昼なお薄暗いほど深く木々に覆われ、また菖蒲の花が咲き乱れるなど四季折々の美しい風景も見せていました。
池には雌の大蛇が、東京大田区の洗足池には雄の大蛇がそれぞれ住んでいたそうです。ある時、村人が馬を曳き江戸に出かけた帰り道、美しい婦人に声を掛けられました。
「十日市場村の辻まで馬に乗せて入って下さい」 婦人は辻に着くと、御礼にといって小判を3、4枚くれたとのことです。
村人は大喜びで家に持ち帰り、神棚に上げておいたところ、小判は蛇のウロコになっていたそうです。
「霧が池の大蛇が洗足池の大蛇に逢ってきたのだろう」と村では語り継がれています。

こんな民話も伝わっています。

深い森に包まれた霧が池の周りに田畑がつくられ、村人たちも池に姿を見せるようになった頃のこと。
夏の昼下がり、池の大蛇が岸辺で昼寝をしていると、丸太と間違えた村人が上に腰を下ろしてしまいました。
驚いた大蛇は、もうこの池には住めないと悟りました。ある夜、大蛇は女性の姿となって、同じ村の寳袋寺住職の夢枕にあらわれ、自分のために石の社を建てて欲しいと訴えたそうです。寺では願いを聞き入れて、池のほとりに石の社を祀りました。

現在の社(石廟)は明治8年(1771)に建立したもので、その側面に「干ばつが二年も続いた。このため雨乞いをしたところ、水に恵まれ豊作となったので、感謝のお祝いをして石廟を建てた」という意味の文が刻んであります。

霧が池は宅地造成のため、昭和47年2月に清めの儀式が行われ埋め立てられましたが、社は霧が池公園の一角に今も大切に祀られています。

霧が池の弁天
霧が丘 大弁財功徳天社
霧が丘住宅公団、地区守護神としてお祀りしています。
開門日:毎月1日、15日
正月の元旦、2日、3日の3ヶ日
横浜市緑区霧が丘4-16
十日市場の歴史

【原始・古代】
十日市場での人々の生活の痕跡は先土器時代に始まります。霧が丘団地建設時にナイフ形土器などが発見されました。調査結果から居住場所ではなくキャンプ・サイトの性格を示唆するものでした。霧が丘ではさらに縄文時代草創期~晩期にかけての遺物も見つかっています(『霧ケ丘』『緑区史 資料編 第一巻』)。
寳袋寺付近からは、縄文中期の土器片が多数発見され、遺跡が広範囲に及んでいたことが推測されます。
町の西方に当たる北門(ぼっかど)地区では、6世紀後半以降の古墳群である人物埴輪をともなう円墳が築かれ、「北門古墳群」と名づけられ注目を集めています。出土した埴輪は埼玉県鴻巣市の生出塚埴輪窯址の生産品と推定され、埴輪の流通が及んでいたことが確認された古墳群です(『横浜市緑区 北門古墳Ⅰ』)。

【中世】
中世の鎌倉道伝承がある神明下(台)付近では、毎月十日に市が開かれていたと伝えられ、今日の地名「十日市場」の由来とされています(『新編武蔵風土記稿』)。これを裏付けるかのように神明下からは、南北朝期~室町期にかけての板碑や15世紀中葉の天目茶碗や北宋銭・香炉、15~16世紀と推定される掘立柱建物跡など中世の遺物が多数発見されています(『横浜市緑区十日市場町 長光廃寺跡』)。

【近世】
近世には、武蔵国都筑郡十日市場村でした。町の北方を東西に流れる恩田川流域には水田地帯が広がっていますが、近世初期には恩田村地内の恩田川に北門堰が築かれ、十日市場村ほか下流の6ヶ村がこの用水を使い稲作を行ってきました。河川改修前は蛇行がひどく、ことに寳袋寺がある東端の山崎付近で最も蛇行していました。戦前、日照りが続いた時には、村民が竹筒を持って相模の雨乞い神で知られる大山へ水を貰いに行き、寳袋寺の釣鐘にその水をかけて祈願を行ったといいます(石井利輔氏からの採録)。現在でも流域の水田地帯では稲作が行われ、堤防には散歩やジョギングをする人がよく見られます。
村は、正保3(1646)年以来、旗本の知行地となり、幕末に至りました。
江戸時代の戸数は50軒~58軒ほどでした。安永7(1778)年には、江戸の浪人で寺子屋師匠の清水礼吉が没しました。現在、寳袋寺に墓石があります。この辺りでも早い時期に開設された寺子屋です。また寳袋寺13世の大円孝道大和尚や、23世恭拙鱗善大和尚も寺子屋を開いていました。当時の村の学問の様子がうかわれます。

【近・現代】
明治元(1868)年に村内の戸数は64軒を数えました。同5年に学制が発布されると、翌年には中村学舎が村内に創立され、近代教育が始まりました。同41(1908)年には横浜鉄道(現・横浜線)が開通し村内を通った。この頃になると、農家は農業生産物の他に養蚕を行うようになってきました。村農会や青年会活動の展開などにより村の近代化が図られていきました。
昭和14(1939)年4月に横浜市に編入され港北区十日市場町が誕生します。当時の人口は445人、150世帯。昭和30年代頃までは農業を主体とし、その後は横浜市営住宅の建設、後谷方面の住宅開発、土地区画整理事業、同52年の横浜線十日市場駅(請願駅)の開業などが行われてきました。
ことに高度経済成長による首都圏の人口急増の影響を受け、農村からマンションや住宅が立ち並ぶ東京近郊の住宅街の町へと大きな変貌を遂げたのです。
(郷土史家 相澤雅雄記)

当サイト内の文章・写真の著作権は全て寳袋寺<ほうたいじ>に属しています。
Copyright© 2013 -  寳袋寺、Houtaiji temple, All Rights Reserved.